今若者が中国へ移住するべき4つの理由

今若者が中国へ移住するべき4つの理由

どうも、時代の最先端でムーンウォークする男、くえるです。

突然ですが、わたしはこう言いたい。

「「今の日本の若者、ヌルすぎやろ!?!?」」

とくに男子な。

世界各国を見て来た私が言いますけど、はっきり言って日本は快適ですよ。

日本の食べ物は一番美味しいですし、日本の家は一番快適です。

 

ただそれは客観的に、というよりは主観的なものです。

つまり、きっと幼少期を日本で過ごしたからでしょう。

幼少期をアメリカで過ごした人はやっぱりアメリカがいいと言うでしょうし、

ドイツで過ごした人はドイツがいいと言うでしょう。

まぁ例外的な人もいるでしょうし、貧しい国で育った人はまた別なんでしょうけどね。

 

とにかく、今、日本で生活している若者にとって日本が最も心地よいことは間違いありません。

でも、心地よい所にずっといて、それで本当にいいのか!?と言いたい、私は。

 

パソコンの前で時間を消費するだけ、友達とアルコールを消費するだけ、会社で精神力を消費するだけの人生で本当にいいんですか。

年を取ってから気付いても遅いんです。

そのころにはいろんなしがらみが出来て生活を変えることは出来なくなってしまいます。

若いときにしか出来ないことを逃してはいけませんよ!

 

と、いうわけで今日は日本の若者が中国へ移住するべき4つの理由をお話しいたします。

1.刺激が多い

と~にかく毎日が刺激的。街を歩いてもバスに乗っても電車に乗っても日本みたいに静かにしている人なんていません。

みんなやりたい放題。路上で寝ている人もいれば商売している人もいるし、麻雀をしている人もいます。

最初の頃は街を歩くだけで楽しくて仕方ありませんでした。

 

市場に行くのもいいですね。ワニやら犬やらサソリやらが並んでいるのは日本では見られませんよ。

私も初めて見たときは慣れませんでした。でも、その中でみんなたくましく生きているんです。

彼らのバイタリティは凄まじいです。今の日本人が学ぶべきところだと思います。

 

2.心が広くなる

これはガチ。まあ皆さんお察しの通り、中国人はマナーが悪いです。

路上で唾を吐く、タバコやゴミをポイ捨てする、電車の中で物を食べる、大声で通話する、電車は先に人が下りる前にもう乗ってくる…etc

日本だとこういう人がいるとホンッとイラっと来ますよね。でも中国に来て気付きました。

「みーんなそうならそれでいいじゃん。」

中国人のすごいところはそういう人がいたとしても全く気にしないんですよね。

だっていちいちイライラしてたら生活出来ないもん。

もちろん中国人でもマナーの良い人はたくさんいます。彼らは自分はきちんとマナーを守りますが、それを人に要求しないんです。

これって素晴らしいと思いませんか?

 

日本人は確かにマナーがいいです。

ただその分マナーを守らない人は親の仇のように攻撃する。人に高いマナーを要求する。

でもそれって心をすり減らすだけで、誰も得してないんですよ。

 

私は中国に住んでますが、きちんとマナーを守ります。でも人が守っていなくても何とも思いません。

こういう考え方が身に着くと、日本でも生きやすいですよ。

3.文字が読める

ご存知の通り中国語は全て漢字です。

これが欧米人にとっては最悪。なぜなら彼らは漢字はただの絵のようにしか見えないからです。

韓国人は元々漢字を使っていたので、発音は似ている言葉が多いです。

でも漢字が読めないのでやっぱり文字は分からない。

 

でも日本人はどうですか?

そう、すでに漢字を知っているので、全く中国語を勉強したことが無い人でも60%は意味が分かります!

地下鉄に乗っても、空港に行っても、店で買い物しても、

まぁ、何とかなる。

最悪筆談すれば意味は通じます。

こ~んなアドバンテージ他の国では考えられません!

欧米諸国にいっても結局何も出来ませんからね。

海外に行ったことなければ、まず中国がおすすめです。

4.偏見を克服できる

よく海外に行くと世界が広がる、なんて言いますけどそもそも日本にいるだけで世界が狭くなってしまうのはなんでだと思いますか?

それはやはり偏見です。偏見にも良く見てしまう偏見と悪く見てしまう偏見があります。

きっと多くの日本人はヨーロッパやアメリカに良いイメージを持っているでしょう。

でも実際行ってみると…白人が日本人を含むアジア人にどれほど偏見を持っているかを身をもって感じることになります。

向こうの人からするとアジア人は中国人も韓国人も日本人も関係ないですからね。

まぁ世界は広がるかも知れませんが…がっかりするかもですね。

 

じゃあ中国はどうですか?

きっと多くの日本人が悪いイメージを持っていると思います。

マナーが悪い、金に汚い、自己主張が激しい…等等

それ、あってます。

 

でもみんながそうじゃないんです。

シャイで自己主張しない人もいれば、マナーの良い感じの良い方もたくさんいるんです。

しかもやはり私が感じたのは、日本人は尊敬されるということ。

これは中国の場所にも寄るんですが、南の方では特にそうです。

(行ったことないですけど南京とかはヤバそうですね笑)

若い人は日本のアニメ・ドラマが好きですし、旅行に行ったことがある人もたくさんいます。

日本人はマナーがいい、礼儀正しい、綺麗で静か、そうみんな口をそろえて言います。

そんな日本人が何でわざわざ中国に?というんです。

そこで、「僕は中国が好きで、中国語を勉強してるんだ」というと、目をキラキラさせて喜ばれます。

 

かくいう私も中国についてあまりよく思っていませんでした。

でも実際に彼らに接してみると考えが変わりました。

若いときにこういう経験できると、全然違いますよ。人生観が変わります。

まとめ

いかがでしたか?

中国と聞くといいイメージが無いかもしれませんが、若いときに行くならこれ以上にいい場所はありません。

わたしももっと早く行っていればと思うばかりです。

日本の若者たち、是非人生を無駄にしないで下さい!

 

未分類カテゴリの最新記事